忍者ブログ
Sims3・Sims4プレイ日記、Sim2の思い出話、統合失調症の闘病日記など。
シグザム星での滞在はシム時間ではそれほど長いものではありませんでしたが、私が撮影に手間取ったためリアル時間で丸一日かかってしまいました。

シグザムの不思議な風景を楽しんでいたヘルマン・ラルティーグは、やがて辺りに人影を見つけました。

知的好奇心旺盛なヘルマンは、早速彼らに声を掛けに行きました。
そして彼らがエイリアンであることを見破ったのです。



出会ったエイリアンの中で、ダイスケ・フローレスというエイリアンが、ヘルマンと親しくなりました。
彼らエイリアンとの交流は、ヘルマンにとって新鮮そのものでした。

そしてヘルマンはダイスケを家に連れ帰りました。
そして妻アロイジアや息子ハインリヒにも紹介しました



ヘルマンはダイスケらエイリアンとの交流をヒントに新たなアプリケーションを開発することを思いつきました。
それは、ヘルマンにはこの上ない名案のように思えました。

拍手[1回]

PR
シグザム星とはどんなところでしょうか?
私は今までシムを行かせたことがありませんでした。
周知のように、シグザムまで行かせるには大変な労力とスキルが必要です。
今まで私は科学者キャリアにならなければシグザムにはいけないと思い込んでいました。

しかしロケットを「ワームホール発生器を追加」(*ロケット科学スキル10が必要)というアップグレードすればどのキャリアのシムでも行けるんですね!

幸いヘルマン・ラルティーグはロケット科学スキルMAXでした。
ロケットも完成済みのものが家の裏庭にあります。
「ワームホール発生器を追加」アップグレードには単純計算で半日以上(シム時間)かかりましたし、しかもその間衛生ゲージが真っ赤っかになってしまいましたが、ようやくアップグレードは完成しました。



シャワーを浴びて、ロケットに乗り込みます。
息子ハインリヒの育児はアロイジアに任せて。

ようやく辿り着いたシグザム星は、とても不思議な場所でした。
薄暗いのでSS撮りにくかったのですが、珍しい物質や植物が収拾できてなかなか楽しかったです。



不思議な光を発する草原で、宇宙の花を収拾するヘルマン。
これからはいつでもシグザムに行けると思うと、ワクワク感が抑えられない彼でした。

*今回のヘルマンのシグザム滞在時間は短いものでしたが、私が撮影したSSの整理に手間取ったため、シグザム体験談はまだ続きます。

拍手[2回]

エイデン・マイヤーはヘルマン・ラルティーグの義兄弟にして親友です。
とても陽気なムードメーカーで、芸術をこよなく愛する優しい心の持ち主です(確か「陽気」「芸術愛好家」特質持ちだったと思います)。
彼はコンサートの巨匠(エンターテイナー→ミュージシャンキャリア)で、ピアノとギタースキルはその道の大家であるヘルマンにも劣りません(エイデンは全楽器スキルMAXです)。
たまに街で遭遇しても、パーティーに呼んでも、芸術談議をしていればご機嫌です。

*シムシリーズには配偶者の兄弟でもない限り「義兄弟」という概念はありません。
にも拘らず、エイデンをヘルマンの義兄弟という脳内設定にしているのは、エイデンはシムズ2時代にヘルマンの父が産んだスターチャイルド(宇宙人の子)を再現しているからです。


(*写真左がエイデンです)

そのエイデンは、街でナンパしたバーテンダーのゾーイ・パテル(デフォルトシム)と結婚して、息子マテーウスを儲けました。



いつ見ても音楽とダンスをしているような愉快な家族です。

拍手[0回]

ニュークレストに住むフランツ・ディートリヒは、ヘルマン・ラルティーグの親友です。
とてもフレンドリーな性格(「ブラザー」特質持ち)のナイスガイです。
彼はプロサッカー選手としての名声を極め、妻マサコと娘レーナと幸せな家庭を築いています。
彼の職業はスポーツキャリアの「殿堂入り」です。
彼の鍛え上げられた肉体とフィットネススキルは、親友のヘルマンやエイデンでさえ感嘆するほどです。



ダブルダイヤモンド諜報員(秘密諜報員キャリア)を務める妻マサコとは、ラブラブと言って良い仲です。
ノンアクティブ状態で街で見かけても、2人でいちゃいちゃしています。

ところが、久し振りにディートリヒ世帯をアクティブにして人間関係を覗いてみると、とても驚きました。
フランツにいつの間にか新恋人ができていたのです。



お相手はアリア・ターナーさん。年上の人妻です。W不倫です。



あんまりにもアレだったので、恋愛関係の方はMOD(MCCC)で清算しておきました。
フランツで不倫プレイするつもりは全くないので。
シムたちは油断していると何をしでかすか分かったものではありません。emoji

拍手[3回]

この日はヘルマンの仕事とハインリヒの学校が休みなので、ハウスパーティーを開くことにしました。
アロイジアが仕事に行くのを見送った後、ヘルマンは友人知人を招待しました。

部屋に音楽をかけ、バーテンダーを雇い、腕を振るって料理を作りました。



SSに写っているのは、招待客の一部分です。
長男ハインリヒは父の友人や仕事仲間とはほぼ初対面ですが、一人一人挨拶して回りました。
ヘルマンは得意のピアノで場を盛り上げました。



何がともあれ、パーティーは成立しました。
報酬には世帯の所持品に「魅力 第1巻」が入っていました。

(*ホームパーティーの成功のさせ方は、私は未だに攻略できないでいます)

<追記>
いくつかの攻略サイト様によると、パーティー開催時に「格調高いパーティー」を選択しておくとメイン目標とサブ目標が表示されるとありました。
ああ、そういえば「格調高いパーティー」を選択していなかったな…と思い出しましたemoji

以下は拍手御礼です。

>桂馬さん
やはりシムズ3において願望が消えることもあったのですか!
私だけではなくて少しホッとしました。
シムたちの生活に変化や刺激を持たせるのは私たちプレイヤーの役目ですが、シムたちも意外とリアルすぎてハッとなることがあります。
シムたちが何も願望を出さなくなると、悲しくなります。

拍手[2回]

私が以前から気になっていたのは、マイヤー家のマテーウス君でした。


(*過去写真です)

彼が赤ちゃんから子供に成長してからずっと気になっていたのですが、ちょっとふっくらしすぎているような気がしてなりませんでした。
他の子どもシムはそうでもないのに、マテーウス・マイヤー君だけは体付きが気になるのです。
父エイデン、母ゾーイともに料理スキルが高めだからなのでしょうか?
プールで泳がせても、体型はほとんど変わりません。
まぁ、まるまる太った子供も可愛いことは可愛いのですが、彼が将来ティーン以降に成長したときの事を考えるとスマートであることに越したことはありません。

シムは、太らせるのは簡単ですが痩せさせるのは大変ですから!



チートでCASを開いてみると、案の定デブ太めMAXでした!
どうして彼だけこうなった?

なので、スマートになってもらいました。



これでとりあえずは一安心です。
もしティーンに成長したときに違和感があれば、その都度直すつもりでいます。

拍手[1回]

ある日、ヘルマン・ラルティーグのスマートフォンが鳴りました。
電話の主は親友の一人であるマサコ・ディートリヒ。
電話の内容はサン・マイシューノという街で開催されている「スパイス・フェスティバル」へのお誘いでした。

ヘルマンは妻アロイジアと息子ハインリヒを連れてサン・マイシューノの街のウォーターサイド・ウォープルという広場に行きました。

広場に着くと早速社交イベントが始まりました。

どうやら広場で開かれている様々なイベントを探検すれば良いイベントのようです。



ヘルマンはシャボン玉を吹き、激辛料理をいくつか試しました。
初めての激辛料理はヘルマンたちにとって刺激の強すぎるものでした。
珍しいお祭りに、3人とも楽しい時間を過ごしました。
ヘルマンとアロイジアはサフラン・カレー粉・ワサビなどのスパイスを、ハインリヒはイベントTシャツを、それぞれ記念土産に購入しました。
そしてラルティーグ親子は子供連れということもあって、夜遅くならないうちに帰宅しました。

拍手[0回]

ある日、アロイジア・ラルティーグは親友のマサコ・ディートリヒから食事のお誘いを受けました。
「もしもし?もうお腹ペコペコなの。『シェ・ラマ』で食事しない?」
その日はヘルマンは仕事、ハインリヒが学校がありました。
ちょうどアロイジアだけが非番の日だったのです。

『シェ・ラマ』は公式ギャラリーに入っているレストランの一つです。emoji
メニューの設定で「エクスペリメント料理」専門店にしました。
折角ですから、外食では家庭ではなかなか作れない料理を食べたい物ですよね。




写真左がマサコです。
(偶然に赤いフォーマル衣装に設定したので紛らわしいですが、ベラ・ゴス夫人ではありません)
アロイジアは私が一から作成した自作シムだった筈ですが、後でSSを見返して、こんなに化粧が濃かったっけ…??と思いました。

仕事と子育てで忙しいアロイジアですが、たまには羽を伸ばしても良いでしょう。
帰宅したら、また忙しい日常に戻るのですから。

拍手[1回]

シムの子育てって難しいですね。
ラルティーグ家のハインリヒがついに「お年頃」を迎えました。
俗にいう反抗期なのでしょう。



嫌な予感がしたので、ハインリヒの特質欄を見ると「好き嫌いしたい」という新しい特質が付与されていました。
これはジャンクフードを好む特質のようです。

とりあえず、両親であるヘルマンとアロイジアには「子育て」コマンドの「より良い食習慣について話し合う」を連打しておきましたが、ハインリヒの「好き嫌いしたい」特質は消えませんでした。

一体どうしたら良いんでしょう?

<追記>
あれからしばらく放っておいたら、いつの間にか「好き嫌いしたい」特質が消えていました。
なので、あまり気にしないで良いかなと思いました。

拍手[2回]

ところで、ヘルマンとアロイジアのラルティーグ夫妻は「ニュークレスト社交クラブ」というクラブ活動を主催しています。


(*過去写真です)

ウィロークリークの「ブルーベルベット」で楽器を演奏しながらまったりとした時間を過ごすという趣旨のクラブです。

これは既存のクラブではありません。
要するに、自作シムを管理するために私が作成したクラブです。

子供の誕生と子育てでしばらくの間休眠させていたクラブを、ヘルマンは久し振りに開催しました。
長男ハインリヒを連れて。
まさか子供を1人で留守番させるわけにはいきませんからね。



ハインリヒには「ブルーベルベット」備え付けのピアノで演奏して貰いました。
これでもハインリヒはピアノスキルMAXです。
面白いようにチップが稼げました。

写真ではピアノの陰に隠れてしまっていますが、野良犬まで入り込んでいます。

ハインリヒの体力が限界に近づいた頃に、クラブを解散して帰宅したのは言うまでもありません。
そのうち、ハインリヒと友人たちで新しいクラブを立ち上げようと思います。

拍手[2回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
プロフィール
HN:
鴨の入れ首
性別:
女性
趣味:
読書・ゲーム・スポーツ観戦
自己紹介:
Sims3・Sims4その他のプレイ日記や日常雑記を綴っています。
RPGやシミュレーションゲームが大好きです。
シム友達になってくださる方を募集中です。
アカウント名はkamonoirekubiです。
コメント・拍手コメント大歓迎。可及的速やかにお返事します。
フリーエリア
つぶやいています。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者カウンター
最新記事
最新コメント
[02/16 モー子]
[08/02 桂馬]
[06/05 にゃーこ]
[02/05 にゃーこ]
[02/04 さくや]
ブログ内検索
フリーエリア
お問い合わせは下のメールフォームからお願いします。
バナー作成しました。
バナーURL
http://file.kamonoirekubi.ichi-matsu.net/banner.gif
Admin / Write
忍者ブログ [PR]