忍者ブログ
Sims3・Sims4プレイ日記、Sim2の思い出話、統合失調症の闘病日記など。
IT企業を経営しているヘルマン・ラルティーグは、様々な事業を手掛けています。
彼の高いプログラミング能力と営業力を見込んで、彼の会社には様々な仕事が依頼されます。
(*ヘルマンはプログラミングスキルと魅力スキルが共にMAXです)

今回彼のもとに舞い込んできたのは、ランドグラーブ財閥傘下の大手イベント会社の依頼でした。
依頼主は大掛かりなスポーツイベントを企画しており、そのために観客をあっと言わせる演出を望んでいました。
ヘルマンはプログラミングの仕事を受注したのです。



レーザードラゴン8尾を濃霧の中に飛翔させるプログラムなど、ヘルマンにとっては朝飯前です。
彼は文字通り朝飯前にプログラミングを完成させてしまいました。
依頼主たちは彼の仕事の早さと完成度に満足して、多額の報酬を支払いました。

仕事の打ち上げ会は、ウィロークリークのレストラン内で行われました。
同席者はジェフ・ランドグラーブとフランツ・ディートリヒでした。
ジェフは言うまでもなくランドグラーブ財閥の会長です。
フランツはヘルマンの親友であり、今回のスポーツイベントの主役でした。
(*フランツはスポーツキャリアのトップである殿堂入り選手です)


(*写真右がジェフ、中央がヘルマン、写真左がフランツです)

ジェフ「今回のスポーツイベントは大成功だった。ラルティーグ君もディートリヒ君もお疲れさん」
ヘルマン「観客がとても喜んでいたよね。フランツのプレーも素晴らしかった」
フランツ「ヘルマン、あのレーザードラゴンは君が作ったんだってね?あれらはとてもリアルで、見事に観客の度肝を抜いていたよ」
ヘルマン「ジェフ、フランツ。細かい説明は省くが、あのプログラムには僕独自の特許技術が活用されているんだ。あれくらいのプログラムはいつでも作れるよ」
フランツ「それはすごいな!」
ジェフ「次の事業も君にお願いすることになると思う。イベントだけではく、ランドグラーブ財閥の他の重要な仕事も頼むよ」
ヘルマン「僕に是非任せてくれ。どんな仕事であっても完璧に仕上げてみせるよ!」

優雅なピアノ音楽の中でエクスペリメント料理に舌鼓を打ちながら、ヘルマンたちはプロジェクト成功を祝うのでした。

拍手[1回]

PR
フランツ・ディートリヒの妻マサコは、秘密諜報員の仕事をしていました。


(*過去写真です)

とりわけマサコにとって辛かったのは、一人娘レーナと過ごす時間が取れなかったことでしょう。


(*過去写真です)

しかし秘密諜報員の仕事は基本的にきついんですね。
早朝から深夜まで仕事というのもザラです。
しかも仕事時間も不規則。
夫フランツや娘レーナとすれ違うことも多くなりました。
これは家族思いの彼女にとっては拷問だったことでしょう。



前世(シムズ2)での彼女は警察官でした。
ベースゲームのキャリアでは警察官という職業がなかったために、勤務内容が最も近い秘密諜報員という仕事に就いて貰っていたのです。

しかし周知のように「Get To Work」で「捜査官」という仕事が追加されました。
それを機にマサコには秘密諜報員から捜査官に転職してもらいました。
真面目で家族志向の彼女には、スパイという仕事はプレイヤー的にもしっくりこなかったですし。

捜査官の仕事は楽しいですよ。
バグが多いですが。

拍手[2回]

「Romantic Garden」(2016年2月発売)で追加された「ささやく願いの井戸」は、うまく活用できればこれ以上の便利グッズはありません。

何せ、お金・子供・仕事の昇進・スキルアップ・幸せ・ロマンス・若返り…そして命まで寝返るのですから。

しかし、願いの井戸でロマンスを願った場合、どんなシムが恋人としてあらわれるのか?
私は疑問に思いました。
しかし自シムは皆パートナー持ちです(恋人のいるシムにはロマンスを願う選択肢は現れません)。

そこで彼に実験台になってもらいました。



ラー・ラソヤ氏。サン・マイシューノの有名コックさんです。
彼はモテない(特質に「恋愛下手」を持つ)ので、プレイ初期では特定の恋愛パートナーは皆無です。
そこで彼に願いの井戸で「ロマンス」を願って貰いました。
願いの井戸は私が予め作っておいた公園に設置したものです。



すると、ピンク色のハート型の煙と共に、一人の女性シムがラソヤ氏の前に現れました。
写真の女性シムの名はサーンビさんと言います。



このサーンビという女性は、新規のホームレスシムです。
世帯画面でチェックしても、彼女は既存のデフォルトシムではありません。
つまり、このときのためにシステムが新しく作成した自動生成シムなのでしょう。

「最良」の結果だと、ソウルメイトの恋人が現れました。
「最悪」の結果だと、お得な敵の恋人が現れました。
「死」の結果だと、ゴーストのソウルメイトの恋人が現れました。
何れの結果であっても、自動生成ホームレスシムでした。

私は、独身の既存シムがランダムに対象になると思っていたので、この検証結果には正直言って意外だと思いました。

そういえば、シムズ2やシムズ3で存在していた「相性」という概念は、シムズ4においては重要性を失ったのではないかと思うのですが、気のせいでしょうか?

検証結果:「ささやく願いの井戸」でロマンスを願うと、結果の良し悪しは別として、「恋人」としてホームレスシムが自動生成されるかも知れません。

拍手[1回]

先日シルバン・グレードを訪問したヘルマン・ラルティーグは、次の非番の日にオアシス・スプリングスの秘境「忘れられた洞穴」を訪問しました。
オアシス・スプリングスの廃坑のそのまた奥にある入り口を、ヘルマンは持ち前の好奇心と土木技術でこじ開けたのです。
(*ヘルマンは器用さスキルMAXです)

いやぁ、探し当てるのに苦労しました…。

そこに広がるのは、シルバン・グレードとは別の意味で幻想的な暗い洞窟でした。
ヘルマンはそこで何種類かのカエルと宝物、そして珍しい魚類を入手しましたemoji



ヘルマンが手に入れた吸血イカやバットフィッシュなどのレアな魚類は、食べるのがもったいないので標本にすることにしました。

「シルバン・グレード」「忘れられた洞穴」「シグザム星」などの秘境は、1人しか行くことができません。

ヘルマンは、彼の子供たちがもう少し大きくなったらこれらの秘境の在り処を教えてあげようと思うのでした。

拍手[2回]

この日はヘルマン・ラルティーグは非番でした。
ウィロークリークの湿地帯(*ウィロークリークの右下あたりの川の近く)で暇つぶしに釣りをしているうちに偶然見つけた不思議な木。
不思議な木の洞を探っていると、突如前方に光が開けました。

シルバン・グレード。
ウィロークリークの隠された秘境です。



とても幻想的な世界に、ヘルマンは思わず目を見張りました。
釣り針を下ろすと、吸血イカやレインボーフィッシュ、ツリーフィッシュなどの珍しい魚が釣れるではありませんか!
とても綺麗な光景に、今度家族を連れて行こうかなと思うヘルマンでした。
(*但し、シルバン・グレードやシグザム星などの「隠しエリア」には1人ずつしか行けません)

帰宅したヘルマンは、その日見た光景を家族に話しましたが、妻も子供たちもにわかには信じませんでした。

拍手[0回]

「願いの井戸」は「Romantic Garden」(2016年2月発売)で追加されたアイテムです。

私はこのアイテムの存在をつい最近知りましたが、発売が私の鬱病の再発前だったので、ひょっとしてそのときは持っていて知らずにいたのかも知れません。

1シムオリオンを投げ入れて願い事をすれば、うまくいけば何でも叶うというアイテムです。
お金・恋人・スキル・出世・若さ・復活(ゴースト)・成績向上(ティーン以下)などなど…。
もっとも、必ずしも成功するとは限らず、最悪な結果を伴うこともあります。

そういえばシムズ2でも「願いの井戸」はありましたね。
確か、何かの報酬アイテムか何かだったと記憶しています。
何だったっけ…??
思い出せないです…。
入手するのが非常に大変だったという思い出しかありませんでした。


シムズ4では「願いの井戸」は屋外植物カテゴリーで、7000シムオリオンで割と簡単に手に入ります。

とりあえず、お金(シムオリオン)をお願いしてみました。



結果は大成功。
宝くじに当たったとかで1万シムオリオン以上手に入りました。
この場合、大失敗すると逆に大金を失うことになるんですよね。

一度願うと、8時間のインターバルが必要です。

この願いの井戸、大失敗すると最悪死ぬこともあるそうです。
(*例えば、「若返り」を願って大失敗したときにゴーストになったりする)
流石に全部は検証する気ないですよ。
くわばら、くわばら。

拍手[0回]

ある日、ラルティーグ家は親子4人でサン・マイシューノのスパイスフェスティバルに参加しました。
ハインリヒとエミリアの子供たちは東洋の辛い料理に挑戦しては、その辛さに参ってしまったようです。

そんなとき、ヘルマンはフェスティバル会場である人物を見つけました。

ビクター・フェン国会議員。
サン・マイシューノの支配者と噂される、街一番の名士です。



IT企業を経営しているヘルマンにしてみれば、会っておいて損はない人物です。
(*ヘルマンはカリスマ技術者キャリア(新人企業家)トップの「企業の天才」です)
大きな仕事を受注するのに、この人との人脈はきっと活用できるでしょう。
ヘルマンとビクターはたちまち友達になりました。
すでにジェフ・ランドグラーブと親友になってランドグラーブ財閥とのつながりを持っているヘルマンにとっては、鬼に金棒と言えるでしょう。

大道芸人のパフォーマンスに夢中な娘エミリアを横目に、妻アロイジアと息子ハインリヒはヘルマンがビクターと長話をしているに気付いていました。

ハインリヒ「父さんはあそこで何をしているの?」
アロイジア「お父さんは仕事の話をしているのよ。あなたも大人になったら、お父さんのように立派な人になりなさいね」

アロイジアと子供たちは、大きな仕事を次々と成功させて着実に実績を重ねているヘルマンを尊敬しているのです。

拍手[2回]

ヘルマン・ラルティーグの義兄弟であるエイデン・マイヤーは、エンターテイメントキャリア(ミュージシャン)を極めたコンサートの巨匠です。
楽器を弾かせれば右に出る者はなく、TVにコンサートに引っ張りだこです。
彼はとても陽気で、性格の合う美人嫁のゾーイ(旧姓パテル)と、一人息子のマテーウスと毎日楽しく暮らしています。



目を話すと、親子3人でダンスしています。
3人とも「ダンスマシーン」特質持ちではないのに、いつも踊っています。
庭にプールもチェス台もバーもゲーム機もあるのに、ダンスしている確率が高いです。
ちなみにエイデンはいつの間にかダンススキルMAXになっていました。

ヘルマン及びアロイジアのラルティーグ家でプレイしていると、高確率でナイトクラブに誘ってくるのがエイデン・マイヤーです。
本当にダンスが好きなんだろうなぁと思って見ていました。

拍手[1回]

子供も2人もいれば、毎日のように「事件」が起こります。
この日はラルティーグ家の長女エミリアが突然「お年頃」になってしまいました。
特質名は「甘えたい」。
これは親(か保護者)と何らかの繋がりを持ちたがる特質のようです。
事実このときのエミリアは、ヘルマンかアロイジアのそばにいるとプラスのムードレットが付きました。



チートで特質を消すのは簡単ですが、反抗期よりはマシなので放っておくことにしました。
幸か不幸か、エミリアには家族以外の友達が少ないですし。

この日はアロイジアが非番で、ヘルマンは出勤日でした。
夜になって家族に暇な時間が出来たので、ヘルマンの日課(プログラミング)と、息子ハインリヒと娘エミリアの宿題と特別課題が終わるのを待って、ラルティーグ家の家族4人で高級レストランに行くことにしました。
場所はウィロー・クリークに出来た高級レストラン「シェ・ラマ」です。
(*マイライブラリギャラリーに入っていたレストランの一つです)



ヘルマンとアロイジアも、レストランで食事したのは久し振りです。
というか、家族水入らずでまともに外出したのも久しぶりです。
クラブ活動以外で最後に外出したのは、子供ができる前にヘルマンとアロイジアがスパでデートをしたとき以来だったでしょうか。
本当に久しぶりのような気がしてきました。

久し振りの家族団欒に気を良くして、ヘルマンは一番高いエクスペリメント料理を注文しました。
出てきた料理は皆で写真を撮った後、美味しく頂きました。
また明日から仕事と学校で忙しくなるので、こんな日があっても良いでしょう。

拍手[1回]

プロ野球(NPB)の日本シリーズが福岡ソフトバンクホークスの日本一によって終結してから(2017年11月4日)、早くも2か月半が経ちました。

私の贔屓球団である阪神タイガースは惜しくも2位となり、クライマックスシリーズ1stステージで敗退してしまいましたが、去年のプロ野球は面白かったと思います。
あの泥試合(10月15日のあの「田んぼ試合」です)を切っ掛けに、夫はDeNAベイスターズファンになりました。

ああ、あの興奮が懐かしい。

ストーブリーグも既にたけなわ。
正直言って、もうストーブリーグには飽きてしまいました。
球春到来が待ち遠しいのです。
このまま、2月のキャンプまで待たなければならないのでしょうか?

やはり私は野球に飢えているようです。
野球(とシムズ)がないと生活に潤いがないように思えるのです。

そんな人間は、きっと私だけではない筈。

ああ、球春が待ち遠しい。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
プロフィール
HN:
鴨の入れ首
性別:
女性
趣味:
読書・ゲーム・スポーツ観戦
自己紹介:
Sims3・Sims4その他のプレイ日記や日常雑記を綴っています。
RPGやシミュレーションゲームが大好きです。
シム友達になってくださる方を募集中です。
アカウント名はkamonoirekubiです。
コメント・拍手コメント大歓迎。可及的速やかにお返事します。
フリーエリア
つぶやいています。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者カウンター
最新記事
最新コメント
[02/16 モー子]
[08/02 桂馬]
[06/05 にゃーこ]
[02/05 にゃーこ]
[02/04 さくや]
ブログ内検索
フリーエリア
お問い合わせは下のメールフォームからお願いします。
バナー作成しました。
バナーURL
http://file.kamonoirekubi.ichi-matsu.net/banner.gif
Admin / Write
忍者ブログ [PR]