忍者ブログ
Sims3・Sims4プレイ日記、Sim2の思い出話、統合失調症の闘病日記など。
シムピープル、Sims2、Sims3で登場するダニエル・プリーザントの生涯についてざっくりと適当にまとめました。筆者はシムピープルのプレイ経験がなく、またSims3でもプリーザント夫妻が登場するサンリット・タイズ(Sunlit Tides)は持っていないので、その辺の説明はいい加減です。
ダニエル・プリーザント(心地よい)は少年時代、オールドタウンという街で育ちました。
父の名はジェフ、母の名はダイアン、妹の名はジェニファーです。
(以上シムピープル)
成長したダニエルはマリー(メアリー)=スー・オルディーという女性と知り合い、結婚します。
彼らの新婚旅行はサンリット・タイズという島でした。
(以上Sims3)
この間、ダニエルの父ジェフは火星に行くという夢を果たさないまま世を去りました。
このことはダニエルの心に暗い影を落とすことになりました。
その後、ダニエルはスポーツ選手として成功し、富と栄光を勝ち取りました。
街の名前も彼の名を冠してプリーザントビューになりました。
妻マリー=スーもキャリアウーマンとしての地位を築き、二人は街一番の名士として尊敬されていました。
二人の間にはアンジェラとリリスという双子の娘が生まれました。
しかしプリーザント夫妻と娘リリスとの間に何らかの問題があったらしく、アンジェラが優等生になったのと異なり、リリスはグレてしまいました。
やがてダニエルはケイリーン・ランゲラクというメイドと不倫関係に陥ってしまいます。
ダニエルの不倫はプリーザント家の栄光にどのような影響を与えるのでしょうか…?
一方、ダニエルの妹ジェニファーはジョン・バーブと結婚し、貧しいながら幸せな家庭を築こうとしています。
ダニエルは恋愛願望。
マリー=スーは財産願望。
アンジェラとリリスはともに名声願望。
ジョン・バーブと妻ジェニファーはともに家庭願望。
(以上Sims2)

拍手[1回]

PR
ヘルマン・ラルティーグの仕事は「起業の天才」です。
SSはその制服です。



タートルネックの黒いシャツにジーパンでしょうか。
「起業の天才」ということはIT企業の経営者ということなのでしょう。
私服でいいのに、何故この格好なのでしょうか?

ヘルマンの仕事はストレスの多い仕事です。
出勤すると、ほぼ必ず「緊張」ムードを纏って帰宅してきます。
可哀想なので、報酬ストアを利用することにしました。


報酬ストア特質「お気楽」(所要ポイント3000)を入手すれば、緊張することがありません。

なお、シムの6大欲求のうち、楽しさゲージ以外の5つのゲージに関する報酬ストア特質の所要ポイントを計算してみました。

*鉄の膀胱(膀胱):2000
*非依存的(社交):2000
*汚れ知らず(衛生):3000
*疲れ知らず(体力):4000
*空腹知らず(空腹):4000
合計:15000ポイント

シムの基本欲求をチートなしで抑えようと思ったら、満足度ポイントが最低でも15000ポイント必要と言うことが分かりました。
大変ですよね。

拍手[0回]

改めて、私がNewcrestに住まわせているシムを紹介します。
2016年2月初旬現在、全部で6人(うち自作シム5人)です。
全員「ニュークレスト社交クラブ」のメンバーです。
(*SSはいずれも過去に撮影したものです。)

<ラルティーグ家>


*ヘルマン・ラルティーグ
 特質:陽気・クリエイティブ・天才
 願望:知識(オタク脳)
 職業:起業の天才(カリスマ技術者キャリア)

*アロイジア・ラルティーグ
 特質:陽気・クリエイティブ・芸術愛好家
 願望:創造性(非凡な画家)
 職業:芸術家のパトロン(画家キャリア)

Sims4を購入して最初に作ったシムで、Sims2時代からの復元キャラです。彼ら夫婦にはテストプレイも兼ねていろいろなことに挑戦してもらいました(加齢オフで)。
今は街一番の大富豪です。

<ディートリヒ家>


*フランツ・ディートリヒ
 特質:陽気・自信家・ブラザー
 願望:名声(世界の友人)
 職業:殿堂入り(スポーツキャリア)

*マサコ・ディートリヒ
 特質:善人・マヌケ・芸術愛好家
 願望:愛(ソウルメイト)
 職業:ダブルダイヤモンド諜報員(秘密諜報員キャリア)

ヘルマンの親友夫婦として作成したシムで、これもSims2時代からの復元キャラです。

<マイヤー家>


*エイデン・マイヤー
 特質:陽気・マヌケ・音楽好き
 願望:家族(最高に幸せな家族)
 職業:コンサートの巨匠(エンターテイナーキャリア)

*ゾーイ・マイヤー(旧姓:パテル)※左端

 特質:陽気・マヌケ・不器用
 願望:名声(世界の友人)
 職業:バーテンダーのリーダー(料理キャリア)

エイデンは一度作ってみたかった宇宙人もどきです。マイヤーはドイツ語圏のありふれた姓の一つだと聞いていたので付けました。緑色の肌の赤ちゃんが欲しかったので家庭願望になって貰いました。
ゾーイはOasis Springsに住んでいたデフォルトシムです。Willow Creekのブルーベルベットで踊っていたところをエイデンのナンパに捕まり、結局は嫁になりました。アツアツの新婚夫婦です。

拍手[0回]

Sims4の新しい拡張パックではクラブ活動というものができます。
デフォルトでは、ダンスクラブ・園芸クラブ・文芸クラブ・反社会的クラブなど、様々なクラブがありました。子供限定のクラブもあります。
とても面白そうです。

自分でクラブを立ち上げることもできます。そこで…。

こんなクラブを作りました。
「ニュークレスト社交クラブ」といいます。
自作シムの中には互いに面識のない者もいるので、そのシムたちを一堂に会させるためのものです。
メンバーは現時点では6人。ゾーイ以外は全員自作シムです。
特に何をするというわけでもなく、音楽を聞いたり奏でたりしながらシム同士を交流させようというクラブです。
たまり場はウィロークリークのブルーベルベット。
時間が空いたらブルーベルベットにたむろして音楽を楽しみます。
貸切というわけではないので、非会員のシムも自由に出入りできます。その非会員シムとの交流もクラブ活動の中に含めています。



リーダーであるヘルマンの頭上のアイコンには王冠のマークが付いています。
クラブ活動(ここでは音楽の鑑賞・演奏、会員間の交流)をすると頭の上のアイコンが緑色になって、クラブポイントが溜まっていきます。
クラブポイントが溜まれば、いろんな特典と交換できます。
最終的には街一番の高級クラブにしていきたいと思っています。

拍手[0回]

エイデン・マイヤーと結婚してNewcrestに引っ越したゾーイは、ラルティーグ家に挨拶に行きました。
エイデンから「ラルティーグ夫妻は僕の親友なんだ。君も仲良くなってくれると嬉しい。」と言われたからでした。

挨拶に行ったゾーイに、ヘルマン・ラルティーグとその妻アロイジアは温かく対応してくれました。

「実はエイデンとは兄弟同然の間柄なんだ。ゾーイさん、彼を幸せにしてやってほしい。」

ヘルマンはそう言って微笑みました。



一方、ゾーイが出て行ったルーミーズ世帯は、男3人のむさい家になってしまいました。
彼らはカリエンテ姉妹と集団見合いをすることになりましたが…。



ミッチェル・カラーニ(SS左端)とディナ・カリエンテ(SS右から2人目)、ギャヴィン・リチャーズ(SS左から3人目)とニーナ・カリエンテ(SS右端)が良い雰囲気です。

ちなみに、ルーミーズ世帯の男3人組はチートで整形してイケメン風にしています。
そうしないとテンション上がらないんです、私の…。

拍手[0回]

先日、Windows10にしてからSims3の起動が不安定になったと記述しました。
ところが、わけあってSims3で使っていたMODのチェックをするためにMODを全部外してみたところ、安定して起動できるようになりました。

つまり、不安定な軌道の原因はMODにあったというわけです。
そう言えば、1年近くupdateも何もしないまま放置していたMODもあったなぁ…。
なので今は、MODを全部取り外して様子を見ています。
現在、Sims3は問題なく起動しています。

MODを出し入れしたりして全部チェックするのに丸一日かかってしまいました。
疲れました。

拍手[1回]

ある日曜日、ロベルトはレッセン家のホームパーティーに招待されました。
ロベルトとレッセンは親友同士なのです。
パーティーの時刻になると、ロベルトはナイジェルとパルに向かって言いました。

ロベルト「ナイジェル、パル。父さんは今日、レッセン家のパーティーに招待されているんだが、お前たちも一緒に行くかい?」
ナイジェル「本当かい、父さん!ジョン・レッセンの家に行けるの?!」
パル「いいのかしら?私たちは招待されてないけど…。」
ロベルト「大丈夫だ。レッセンさんにはお前たちの話をしてあるからな。ただし二人とも行儀よくするんだぞ。」
ナイジェル・パル「「はい!」」

ナイジェルとパルが元気よく返事すると、ロベルトは二人を連れてパーティー会場に赴きました。
ナイジェルは、レッセン家の養子・クィンティンと同級生かつ親友同士でもありました。そのためナイジェルはクィンティンと会えることも楽しみにしていました。

レッセン「ようこそ、ロベルト。こちらは君が話していた子供たちか。」
ロベルト「はい、レッセンさん。息子のナイジェルに、養女のパルです。」
ナイジェル「初めまして、レッセンさん。ロベルト・ライリーの息子ナイジェルです。」
クィンティン「父さん、ナイジェルは僕の親友なんだよ。」



*筆者注:SS左からロベルト・ライリー、クィンティン・レッセン、ジョン・レッセン、ナイジェル・ライリーです。パルはレッセン家の裏庭にあるプールに直行してしまい、このSSには写っていません。

ロベルト「息子はどうやら音楽に興味があるようで…。」
レッセン「ほう。それじゃナイジェル君、一曲弾いてくれないか?」
ナイジェル「はいっ!」

レッセンに言われて、ナイジェルは『今すぐ即興演奏』を弾きました。憧れの大スターの前で演奏するのは、ナイジェルにとっては夢のようなことであり、緊張の時間でもありました。



レッセン「ロベルト・ライリー、君の息子には才能があるようだ。技術はまだまだ(*このときナイジェルの音楽スキルレベルは8でした)だが、表現力は大人顔負けだ。」
ロベルト「本当ですか!?」
ナイジェル「やった!」
レッセン「但し、音楽のプロでやっていくのは厳しいぞ。」
ナイジェル「勿論、分かっています。」
レッセン「ナイジェル君、君が将来どんな仕事に就く予定なのかは知らないが、成人する前にいろんな音楽家の音楽を聞いておいた方が良い。」
ナイジェル「様々なジャンルの音楽に触れて見聞を広めろと言う訳ですね?」
レッセン「その通りだ。俺はインディー系が得意だが、ラテン系ならロキシー・リン、ソウル系ならユーリー・イワノフ、ルーツ系ならナディーン・イワノフが上手い。音楽家を目指すなら、彼らの音楽を聞いてからでも遅くはないな。」
*筆者注:ジャンルは各シムの「好みの音楽」で判断しました。
ナイジェル「なるほど。分かりました。」

その後も一同は夜更けまで音楽談議で盛り上がりました。
レッセンが話す音楽の話は、音楽好きのナイジェルにとって非常に刺激になりました。

*筆者注:ナイジェルとパルの好みの音楽を調べてみたところ、ナイジェルはソウル、パルは民族音楽(フランス)であることが分かりました。

拍手[0回]

梅雨の季節がやってきました。
堀内家では一家全員が裏庭のプールで遊んでいましたが、雨が降ってきたので急いで家の中に入りました。



この日は日曜日で、学校も仕事もありません。
それで堀内家ではいつの間にかチェスをしようということになりました。
そして話は家庭内チェス大会にまで発展しました。
一日がかりの長丁場です。

堀内家の家庭内チェス大会で優勝したのは父親の勇魚でした。
子供たちが生まれる前から暇さえあればチェスをしていたので、一日の長があったのです。
ある雨の日の平和なひと時です。

拍手[0回]

ある大雪の日、ナイジェルは両親の前でギターを練習していました。
高校生になってナイジェルはギターに興味を示していたのです。
放課後の課外活動でも音楽クラブに入部するほど、ギターに凝るようになりました。



ギターの先生は父のロベルトです。
ロベルトは実はギタースキルMAXなのです。

ロベルト「ギターがかなり上手くなったな。父さんが教えることはそろそろなくなるかもな。」
ナイジェル「父さんがいろんな曲を教えてくれたおかげで、ギターを習うのが楽しくなったよ。」
ロベルト「そろそろ名曲に挑戦してみるか?『ケイトリンの歌』とか『痛いほど素晴らしい』とか。」
ナイジェル「えっ、あの名曲を教えてくれるの?ありがとう父さん!」
ロベルト「父さんがお前にしてやれるのは曲を教えることだけだ。言っておくが、名曲を自分のものにできるか否かはお前自身にかかっている。」
ナイジェル「わかっているよ。」
レベッカ「ロベルト、今度ナイジェルやパルを連れて劇場に行きましょうよ。確かレッセンさんのコンサートに無料招待されていたでしょ?」
ロベルト「そうだな。ロックスターのジョン・レッセンが歌う『ケイトリンの歌』はとても素晴らしいんだぞ。」
レベッカ「レッセンさんの音楽を聞くのはナイジェルにとっても勉強になると思うわ。」
ナイジェル「是非行きたいな。なぁパル。」
パル「そうね。楽しみだわ。」
ロベルト「決まりだな。コンサート当日には雪が止んでいるといいんだが。」

コンサート当日は運良く雪が止み、一面の銀世界が広がっていました。
ライリー一家はコンサートでレッセンの歌声に酔いしれ、楽しい時間を過ごしました。

ナイジェル「父さん、僕はレッセンさんみたいな歌手になりたい。」
ロベルト「そうか、ナイジェルは歌手になりたいのか。」
レベッカ「ここリバービューは才能ある音楽家が多いから、ナイジェルにとって刺激になったのかもね。」

雪の中、ナイジェルは音楽への夢を新たにしました。

拍手[0回]

ヘルマン・ラルティーグの朝は、瞑想とともに始まります。
健康スキル(要:Spa Day)がMAXなので、瞬間移動もできます。
*筆者注:攻略サイトによると、空中浮遊は健康スキルレベル5から、瞬間移動はスキルレベル7から可能らしいです。
SSは空中浮遊から瞬間移動に入ろうとしている所です。



このときは家の前に同僚(カリスマ技術者)のジェイ・ハンティントン3世が通りかかったので挨拶するために裏庭から瞬間移動したのです。

ヘルマンの仕事は起業の天才(カリスマ技術者キャリアのトップ)です。
やはりストレスの高い仕事らしく、出勤すれば高確率で緊張して帰宅してきます。

帰宅すれば書斎でコンピューターを起動させ、プログラミングの仕事をします。
仕事が終わるとハッキングをしたり本を執筆したりして過ごします。
仕事がない日はチェスや木工をしていると楽しそうです。
夜になれば、裏庭の天文台の中に入って星を観測させていれば、願望ポイントがよく入ります。

すでに「ルネッサンスシム」「コンピューター名人」願望は達成しており、今は「オタク脳」願望を攻略中です。

妻アロイジアとの夫婦関係は良好です。
よく二人でチェスをしたりしています。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
プロフィール
HN:
鴨の入れ首
性別:
女性
趣味:
読書・ゲーム・スポーツ観戦
自己紹介:
Sims3・Sims4その他のプレイ日記や日常雑記を綴っています。
RPGやシミュレーションゲームが大好きです。
シム友達になってくださる方を募集中です。
アカウント名はkamonoirekubiです。
コメント・拍手コメント大歓迎。可及的速やかにお返事します。
フリーエリア
つぶやいています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
最新コメント
[08/02 桂馬]
[06/05 にゃーこ]
[02/05 にゃーこ]
[02/04 さくや]
[01/31 さくや]
ブログ内検索
フリーエリア
お問い合わせは下のメールフォームからお願いします。
バナー作成しました。
バナーURL
http://file.kamonoirekubi.ichi-matsu.net/banner.gif
Admin / Write
忍者ブログ [PR]