忍者ブログ
Sims3・Sims4プレイ日記、Sim2の思い出話、統合失調症の闘病日記など。
今朝、突然ひどい咳がぶり返しました。
胃液を吐くほどの重い咳です。
それで今日、内科医に行って来ました。
内科医に診断してもらっても病名は付かなかったものの、以下の薬を処方されました。

*小青竜湯3g:1日1包毎食後
*名前の知らない咳止め水薬:1日約15㏄毎食後

咳止め薬の名前が分からないのが何だかなぁと思いましたが、今はこれらの薬にすがるしかありません。

拍手[0回]

PR
今朝、ようやく風邪が治りました。
長かったです。

ところで、かつて大阪府八尾市に地方競馬場があったことをご存知でしょうか?
実は戦前に八尾市に「大阪競馬場」(初代)が存在していたのです。

八尾市の公式サイトの当該ページ
と「八尾市史」(八尾市)によれば、大阪府中河内郡八尾町大字萱振(現在の大阪府八尾市緑ヶ丘あたり)に本格的な競馬場が建設されたとのこと。

八尾での大阪競馬は1930年(昭和5年)7月4日に初開催されて以来、1938年(昭和13年)まで開催されて地域の経済を潤していたそうです。
競馬場の規模は48000坪(東京ドーム3.3個分)で、一周1000m・幅員30mとかなり大規模だったそうです。

しかし1939年(昭和14年)に制定された「軍馬資源保護法」によって競馬そのものも廃止になりました。

競馬場の跡地は住宅地になり、現在において競馬場の面影はほとんど残っていません。
私も地元のお年寄りの方から聞くまでは競馬場の存在そのものも知りませんでした。





競馬場跡地から撮影した楠根川(大阪府八尾市)です。

拍手[0回]

災難です。
先週から重い風邪をひいています。
恐らく、外出先の人混みでうつされたのだと推測されます。
最近は寒暖差も激しいので、風邪が余計に悪化したのでしょう。
1週間ほど市販の風邪薬を飲んで静養していましたが、一向に良くなりませんでした。
発熱・悪寒・食欲不振・下痢などの諸症状は2~3日後に治まりましたが、咳と鼻水だけがなかなか治りません。
咳が原因で夜も眠れず、寝不足にもなってしまいました。
それで昨日、近所の耳鼻咽喉科に行って診察してもらいました。
検査の結果、鼻と咽喉にはこれといった異常はないとのこと。
そして、抗生物質等の4種類の薬を飲んで様子を見ることになりました。
処方された薬を分かる限り書いていきます。

*フスコデ錠:1回1錠毎食後
*オフロキサシン錠100mg「JG」:1回1錠毎食後
*アンブロキソール塩酸塩錠15mg「アメル」:1回1錠毎食後
*ネオマレルミンTR錠6mg:1回1錠入眠前

とりあえず、咳と鼻水の症状は徐々にですが治まっているようです。
夜は一応眠れるようになりました。
貰った薬を飲み切るまでに治らなければ、今度は内科にいくつもりです。

拍手[0回]

昨日の夜、ついに大きな風邪をひいてしまいました。
熱は37度0分あり、喉がとても痛く咳と鼻水が止まりません。
咳のせいで夜もあまり眠ることができません。
お医者さん(内科)に行ったら、インフルエンザの検査もして貰いました。
幸い、インフルエンザウイルスは陰性でしたが、喉風邪であることは間違いないとのことでした。
この日、処方された薬は以下の通りでした。

*麻黄附子細辛湯エキス顆粒2.5g:1日3回毎食後
*トランサミン錠250mg:1日3回毎食後

これが3日分処方されました。

拍手[0回]

もう薬を飲まなくて済むようになりました!

両足のリハビリ兼診察のために整形外科に行った所、足の怪我はほぼ治り、鎮痛剤を毎日飲まずに済むようになりました。

週1~2回の電気治療を受ければいいだけになりました。

医者から処方された薬は2種類でした。これを疼痛時に飲めばよいとだけ言われました。要するに、頓服薬です。

*ハイペン錠200g:疼痛時
*ガスロンN・OD錠2mg:疼痛時


怪我の後遺症は本当に辛かったので、もう二度と怪我をするようなことはするまいと思いました。

拍手[2回]

昨年5月に網膜裂孔のレーザー手術を受けてから10か月弱。
昨日、近所の眼科医に右目の定期検診に行きました。
検診結果は特に異常なし。
術後経過もとても良好とのことでした。
視力検査も眼圧検査も異常がありませんでした。

元々は怪我の後遺症から、網膜剥離の危険さえあったために手術を受けたのでした。
手術は痛くはありませんでしたが、やはり受けるのに勇気が要りましたし、術後経過にも不安がありました。
手術費用も検査費も決して安くはありませんでしたが、受けて良かったと思いました。

拍手[1回]

怪我の後遺症による両足の疼痛は、鎮痛剤の服用と、週2~3回のリハビリ&電気治療でかなり改善しました。
そこで、お医者さんからも病状の改善を認定して頂き、薬を変えて貰えることになりました。
新しい薬は、漢方薬です。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)エキス2.5g:1日3回

関節痛や神経痛などの痛みに効く薬のようです。
これでしばらく服用して様子を見ることになりそうです。
お医者さんは「もうすぐ治るでしょう」と言って下さいました。

拍手[0回]

「ザ・シムズフリー プレイ」関連のサイトやツイッターで「シムタウン」という言葉を見ると、それとが違うと分かっていても、あのコンピューターゲーム「シムタウン」を思い出してしまいます。

シムタウンとは、マクシス(現:EAの一部門)が1995年に発売したシミュレーションゲームです。

私がシムシリーズを知った最初のゲームで、とても奇抜な建物のデザインと、住民一人一人を観察できるシステムがとても印象的でした。とても楽しかったです。

当時私はまだ幼く、姉と一緒に手探りで遊んでいた記憶があります。
私より姉の方がやり込んでいたと思います。

プレイできるのはWindows95及び98、Macintosh、プレイステーション、スーパーファミコンだったそうですが、私はWindows98で遊んでいました。

あれから20年以上経つのですね。

シムタウンからシムシティ4を知り、シムシティ4に嵌まっているうちにシムズ2の存在を知り、更にシムズ2からシムズ3及びシムズ4を遊んで今に至っています。

拍手[3回]

怪我の後遺症(両足の疼痛)がひどくなったので、整形外科で鎮痛剤と胃薬を処方されましたが、服薬してから病状が改善したので薬の処方内容が変わりました。

ハイペン錠200mg:朝夕食後
ガスロンN・OD錠2mg:朝夕食後
ランソプラゾールOD錠15mg「DK」:朝食後

これに加えて、週2回ほど患部の電気治療とリハビリをすることになりました。

これで1週間ほど様子を見ることになりそうです。

拍手[0回]

実は私、約半年前に怪我した箇所が最近特に痛むようになったので、整形外科に行きました。
怪我そのものは大したことはなかったのですが、その後は湿布を貼っても効かず、チクチクするような痛みが引かず、慢性化したのでした。

整形外科では以下の薬を処方されました。

ジクロフェナクNa錠25mg「YD」:1日3回毎食後
ムコスタ錠100mg:1日3回毎食後
ランソプラゾールOD錠15mg「DK」:1日1回朝食後

要は、痛み止めと胃薬でした。

怪我の後遺症と長期間付き合うことになりそうな気配に、少し辛いものを感じました。

拍手[0回]

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
プロフィール
HN:
鴨の入れ首
性別:
女性
趣味:
読書・ゲーム・スポーツ観戦
自己紹介:
Sims3・Sims4その他のプレイ日記や日常雑記を綴っています。
RPGやシミュレーションゲームが大好きです。
シム友達になってくださる方を募集中です。
アカウント名はkamonoirekubiです。
コメント・拍手コメント大歓迎。可及的速やかにお返事します。
フリーエリア
つぶやいています。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者カウンター
最新記事
(04/10)
(04/09)
(04/06)
(03/05)
(03/04)
最新コメント
[02/16 モー子]
[08/02 桂馬]
[06/05 にゃーこ]
[02/05 にゃーこ]
[02/04 さくや]
ブログ内検索
フリーエリア
お問い合わせは下のメールフォームからお願いします。
バナー作成しました。
バナーURL
http://file.kamonoirekubi.ichi-matsu.net/banner.gif
Admin / Write
忍者ブログ [PR]